頑張らない申請アプリで社内の活用を広げよう!

f:id:tme0503:20190611172217p:plain

みなさんこんにちは、kintone大好き松井です。

2019/6/20(木)に開催されたkintone hive 東京!
他社の活用事例が集まった、ユーザー必見のイベントでした。

更に、夜にも懇親会セッションが。
明日からできる活用ノウハウ」をテーマに、私と4人のユーザーで発表+座談会を設けました^^

今回はその1つをご紹介!
無理をしない申請アプリで、業務を効率化したお話です。

申請アプリって難しい

業務の効率化と言えば、申請業務のシステム化は効果が分かりやすいですよね。
紙や保管コストの削減、外部でも申請・承認ができる...などなど、社内に説明しやすい効果がズラリ。

ただ悩ましいのは関係各所との調整です。
調整は現場に加えて管理側とも必要。。うーん、気が重くなりますね。

調整がうまく行かず、頓挫した方もいるのではないでしょうか。


悩む石井さんのアイデア

株式会社マルテー大塚の石井さんも同じ悩みを抱えていました。

休暇申請のkintone化を考えましたが、人事部門からは断られてしまいます。 更に長年使い続けた専用用紙での提出を求められます。

やはり承認が絡むと関係者が増えて、話が複雑になりがちですね。
しかし、ここで石井さんに妙案が浮かびます。

「ならば承認を外せば良いのでは?」


頑張らない申請アプリ

承認機能を無くした申請アプリ。そう、申請書を作るまでのアプリです!

連携サービス「プリントクリエイター」を使えば、アプリのデータを使って帳票形式に印刷ができます。
これなら専用帳票と同じ形式で出力できます。

これだけでも大助かりです。外でも作成でき、過去の再利用ができ、他の人の申請を参考にできます。

そして、スモールスタートができるのも良いところ。紙と並行しながら、使いたい人だけで始められますね。


で、どれだけ効率化したの?

作るまでだからと侮るなかれ。このアプリ、結構使われています。
どれだけ使われて、またどれくらい効率化したのでしょうか。

その答えは...kintone hive 東京の懇親会でお話いただきました!
半年間でどれだけ使われたのか、石井さん本人がお話してくださっています^^*

活用を広めるアイデアに悩んでいる方には、ピッタリなアイデアだと思いますよ。ぜひ、こちらのYouTube動画をご覧ください♪